当院では坐骨神経痛、オスグッド、シンスプリント、有痛性外脛骨、三角骨障害などのを得意分野としており、九州などの遠方からもたくさんの患者様にお越しいただいております。

真壁愛子

真壁愛子プロフィール

真壁愛子


                                         

主な臨床報告

高校生 野球部

主訴 オスグッド

屈伸はできるが途中で痛くなる(完全には曲がらない)。

正座もできるが骨があたると痛い。押すと痛い。

「野球が大好きだけど、痛くて練習が辛いです・・・」

全身ガチガチで、筋肉を緩める施術をしても硬さが取れず、痛みも全く変化がありません。

オスグッドは肉体疲労と、もう一つ原因が考えられます。

今回は筋肉疲労を取る施術をしても変化がなかったので、施術方法を切り替えました。

話を伺っていくと原因となる問題点が複数浮かび上がってきました。

一つの問題点を解消すると膝の曲がり具合に変化が出ました。

先ほどまでの施術では100度までしか曲がらない膝に変化はなかったのですが・・・。

これで原因はつかめました。

その後は、施術のたびに屈伸をしてもらって膝の曲がり具合の確認と、患部を押してもらって痛みの確認をしてもらいました。

施術後・・・

「まだ痛みは残っていますか?」

「(痛いところを探しながら)・・・痛くない。」

「これなら部活はできそうですか?」

「うん、大丈夫!」

最後にお母さんにも変化を確認してもらいました。

「本当に痛くないの?正座しても大丈夫なの?」

「痛くない!」

屈伸を繰り返しても全く痛くなく、最後まで曲がるようになり、屈伸をするとパキパキ鳴っていた音も消えました。

押したときの痛みも大丈夫です。

今回のように、いくら休んでも、揉みほぐしても、ストレッチをしても症状に変化がない場合は肉体疲労が原因ではありません。

なかなか治らずお困りの方、ぜひ一度お越しください。

痛みをなくして、大好きなスポーツを思いっきり楽しみましょう!


  • その他
    有痛性外脛骨/慢性背筋痛/O脚/頚椎捻挫/変形性膝関節症/美顔術・・・他



 松山久生 / 高岡武八


a:2414 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional